MENU

オートローンの審査項目について

オートローン審査項目

 

オートローンの審査項目について銀行やJAなどの公式サイトを調べてみましたが、どの金融機関も審査項目についてははっきりと書かれていませんでした。

 

基本的にローンの審査項目については情報がオープンになっていないみたいで、はっきりとした内容は分からないようです。

 

おおまかなところでいくとオートローンの審査項目には次のような内容が挙げられます。

 

  • 年齢(返済完了時の年齢も)
  • 前年度年収
  • 職業及び勤務先
  • 勤続年数
  • 住居(賃貸or持ち家)
  • 居住年数
  • 現在の借り入れ状況
  • 過去の返済履歴
  • その他

 

この中でも特に重要度が高いのは、「年収」「現在の借り入れ状況」「過去の返済履歴」の3つです。

 

年収については公式ホームページで最低年収は表示されているローンサービスが多いのでそちらをチェックしください。

 

年収については申し込み後に源泉徴収票か収入証明書を提出することになりますので、ごまかして申請しても無駄です。

 

現在の借り入れ状況については、年収と比較して借り入れ額は多い債務超過になっていないかを確認します。

 

明らかに収入と返済のバランスがおかしい場合は審査落ちしますのでご注意を。

 

また過去の返済履歴については、返済遅延や延滞を繰り返すことで自己情報として専門機関に登録されていないかを確認します。

 

過去に返済トラブルはあって専門機関に自己情報が掲載されている人は、かなりの確率でローン審査は通りません。

 

多重債務で自己破産した人などもローンを組むことができませんので、ご自身の過去の返済延にトラブルがないが確認してみてください。

 

 

失敗しないオートローン選びの方法について

信用力

 

オートローンの審査では、金融機関からあなたの信用力がチェックされます。

 

信用力とは「お金を貸しても予定通り返済してくれるかどうか」ということを意味します。

 

信用力を審査する項目としては先程も述べた通り下記の3点が大事になってきます。

 

・年収
・他社借り入れ状況
・過去の返済履歴

 

各金融機関ごとに審査項目や基準は違ってきますが、それに基づいてあなたの信用力が判断されます。

 

 

そして信用力が低いと判断された場合、

 

・審査落ち
・金利を高く設定する
・限度額を低く設定する

 

などの対応が取られます。

 

 

金融機関は返済能力の高い人には金利を下げてでもお金を借りて欲しいと思っています。

 

しかし貸し倒れの危険性が高い人には、ある程度のリスクヘッジしてお金を貸すことになります。

 

オートローンでお金を借りたい場合は金利が低いローンを探すのもいいのですが、まずはお金を借りられる(審査に通る)ローンサービスを探すことが大切です。

 

あなたの信用力でお金を借りることができる金融機関の中で、一番低金利のオートローンを選ぶのが失敗しないオートローン選びの方法です。

 

■コラム-ローン選びのコツ

ローンの借入先を探す場合のコツについて紹介したいと思います。
借入先を探す場合、大抵の人は金利比較をし始めます。
確かに金利は返済額にダイレクトに影響してくるので大切な要素だといえます。
それだけに金利は必ずチェックしておかないといけません。
しかし、金利だけをチェックしていると、ちょっとした落とし穴にはまってしまうこともあります。
例えば、「繰上げ返済の手数料」「申し込みの利便性」「保証料や事務手数料が必要かどうか」などがあります。
金利が安いからといって別途保証料や事務手数料が必要な場合は、総返済額の金額が増えてしまいます。
また店頭での申し込みしか方法がない場合は、平日の9時から15時の間に金融機関の窓口に行かなければなりません。
さらに申し込みだけではなく書類の提出など、手続きを進める中で何回か窓口に行かないといけなくなります。
そうした利便性なども含めて、ローンの借入先を探す必要があります。
オートローンの選び方について、参考になるサイトはコチラ>>自動車ローンの選び方
いろいろな視点から利用しやすいオートローンを探すようにしましょう。

更新履歴